北海道・札幌 粉骨サービス

九曜くよう

受付時間 平日9:00~18:00 お気軽にお問い合せください
電話受付011-850-9940
FAX011-850-9941
粉骨サービスエリア
北海道札幌

ごあいさつ

終活という言葉が様々な世代に浸透してきた現在、樹木葬や海洋散骨などお墓の在り方、そして供養の仕方も変わってきました。
それに比例し、弊社にて10年前より行わせていただいていた粉骨の需要も年々高まってきましたし、実際に、粉骨を行う業者も増加してきました。
その中で、ご遺骨の成分分析及び、様々な研究をさせていただく中で、ご遺骨というのは、人間が生きてきたうえで、体内に蓄積された重金属などの有害物質が含まれているということを改めて学びました。
また、処置の仕方によっては、人間が亡くなっても尚、そのご遺骨より生きている人をも蝕むことも学びました。
そこで、私たちは、ご遺骨に対する正しい知識をもち、正しい処置を施すために、ご遺骨専門ラボである「くよう」を設立いたしました。

「くよう」とは、もちろん、供養の意味もありますが、九曜という九つの神様、仏様に全方位により、護られているという想いを込めています。ご遺骨を護り、ご遺族様の未来を護ることが私たちの使命だと思っております。

「供養」として、故人様を想い、ご遺族様の心のともし火となり
「九曜」として故人様の生きた証である大切なご遺骨をまもる医師となり
これからも誠心誠意、ご遺族様、故人様、そしてご遺骨と心から向き合って参りたいと思います。

お知らせ

納骨堂

納骨堂のご案内

平素は格別のご芳情を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社は2017年6月から現在まで数百体というご遺骨を粉骨してまいりました。
その作業の際に発生する骨粉じんを集塵機にて集め、また器具等を洗浄した際、浄化槽に沈殿した骨粉を乾燥後、弊社仏間の仏壇にて供養しております。
多くの業者様は、器具を洗浄後そのまま下水道に流す又はお焚きあげ・ゴミにて処分しているのが現状です。
弊社は骨粉の終着点をこの度実現させることができました。

弊社は真言宗智山派の地蔵寺の檀家でもあります。
ご住職のご厚意にて納骨堂の一角ですが、納骨壇を弊社にてご用意できる運びとなり、過去弊社にて粉骨に携わったご遺族様にも手を合わせられる環境が整ったと考えております。

毎年11月には物故者慰霊法要を開催致しますので、是非ご参列いただければ幸いです。
尚、納骨壇ですが平日朝7時~夜7時 年中無休ですので、弊社の名前を言って頂ければご案内していただけます。

納骨堂 納骨堂
納骨堂 納骨堂

粉骨について

粉骨とは?
粉骨とはご遺骨を粉末状(パウダー化)にすることをいい、ご遺灰に近い状態になります。散骨は埋葬とは違い、自然に還る意味合いがあり、弊社の粉骨したご遺骨は掌から風に乗って飛んでいくくらいまで粉骨することができます。 また 当社では粉骨のほかに合同墓地に眠るお骨の整理も承っておりますのでお問い合わせください。
お骨や納骨堂から出たお骨
カビや水の発生は納骨堂や墓地など冷暗所から出した場合に3~7日後位によくおこります。地面より下のお墓では骨壷の中に満水の状態で水が溜まっていることは良くあります。 お骨そのものは、火葬後無菌状態ですがお墓から出して骨壷を開けてしまうと大気中に含まれる栄養素で一気にカビが繁殖してしまいご自宅安置や粉骨が出来ない状態になってしまいます。お骨を出したら早めに対処をしましょう。
自分で粉骨
ご自分で粉骨するのは大変です。
お骨の70~80%はすぐにパウダーになりますが残りのお骨は非常に硬く中々パウダーにはなりません。道具も普通のすり鉢では目詰まりしてしまい使えません。
大きめの乳鉢が必要となります。
硬い部分は、なれないとあちらこちらにご遺骨が飛び散ります。
粉骨サービスで不安・問題点を解決いたします。
  • さまざまな形の骨壺へ収納可能
  • 消臭・除菌・防カビ
  • 海洋や山間などへ散骨が可能
  • 埋葬スペースを有効利用

粉骨サービスのご紹介

粉骨料金

粉骨、洗骨料金のご案内。
申込の流れもこちらでご案内しております。

詳しくはこちら
作業工程

装飾品、硬貨、釘等手作業で丁寧に取り除きます。洗浄・殺菌された機器を使用し清潔に作業を進めます。

詳しくはこちら
Q&A

お客様の粉骨に関するご質問をご紹介しております。

詳しくはこちら

九曜の特長

立会い粉骨サービス

お客様のご希望がございましたら立会粉骨も可能です。粉骨作業のお時間は約2時間となります。

遺骨のお預かり

札幌市内、近郊であれば弊社にご持参又はご郵送ください。

高品質な粉骨

専用の機械による粉骨で、2mm以下のパウダー状に仕上げます。

ページ先頭へ